1. 【画像】M字ハゲが育毛剤で治ったのはコレでした
  2. M字ハゲ対策
  3. ≫【若ハゲ】中学生、高校生のM字ハゲの治し方で失敗する4パターン

【若ハゲ】中学生、高校生のM字ハゲの治し方で失敗する4パターン

ハゲた10代

ここでは、10代の中学生、高校生がM字ハゲ(前頭部の薄毛)を治すためによくやりがちな失敗パターンを紹介します。

M字ハゲは、正しい方法で対策しないと治らないので、まずは自分に当てはまっていないか確認してみましょう。

【失敗1】M字ハゲをシャンプーで治そうとする

シャンプーする高校生

M字ハゲの原因はAGA(男性型脱毛症)という、男性ホルモンからくる症状なので、シャンプーでは100%治りませんし、現状維持もできません。

シャンプーは、髪に関わる一番身近なアイテムなので、シャンプーを変えてなんとかしようとする気持ちはわかりますが、まったくもってM字ハゲには効果なしです。

【失敗2】M字ハゲを市販の育毛剤でなんとかしようとする

市販の育毛剤

育毛剤はドラッグストアでも置いてありますが、いわゆるM字ハゲの原因であるAGAに対応した育毛剤は市販では売っていません。

「試しに1,000円ぐらいの安い育毛剤使って試してみるか!」と意気込んでも、まったく無意味です。お金の無駄としかいいようがありません。

そんなことしている間に、M字ハゲはどんどん進行してきます。

【失敗3】M字ハゲを生活習慣改善で治そうとする

納豆

「育毛剤は高くて買えないので、お金のかからない方法で治したい。」という気持ちは、バイトでもしていない10代でないかぎり思って当然のことです。

ただ、AGAは男性型脱毛症とうい、ちょっと怖いいいかたをすると一種の病気なのっです。

食生活を改善したり、早寝早起きしたり、運動したりなど、いわゆる健康にいい習慣を行っても改善しません。

また、豆乳を飲んだり、納豆を毎日食べたり、お菓子を控えるなど生活習慣の改善をしたからといって、薄毛が止まったりM字ハゲが回復することもないです。

 

インフルエンザにかかったら、病院で薬をもらって治すように、AGAという病気が原因であるM字ハゲはAGAの薬や育毛剤を使って始めて治ります。

【失敗4】皮膚科でM字ハゲを治そうとする

皮膚科

「生活習慣で治らないなら、薬をもらいに皮膚科に言ってみよう!」と意気込んで、皮膚科にいっても10代の未成年である中学生、高校生は相手にされません。

なぜなら、AGA治療で使うプロペシアやミノキシジルといったAGA治療薬は未成年への処方が禁止されているからです。

勇気をもって皮膚科にいっても「20歳になったらまた来てくださいね!」と言われ話が終わります。

中学生、高校生でもできるM字ハゲ対策は2018年現在、1つしかない

イクオスとチャップアップの比較

AGAの治療の選択肢としては下記3つがあります。

  • AGAクリニック
  • 皮膚科
  • AGA対応の育毛剤

AGAクリニックと皮膚科は、未成年は通うことができませんので、必然的に10代未成年がAGAのM字ハゲを治すとしてAGA対応の育毛剤に絞られます。

 

市販の育毛剤は値段は高くなりますが、10年前はこのAGA対応育毛剤の選択肢すらなかったので、今の10代は恵まれているとも考えられます。

AGA対応の育毛剤の選び方については下記ページを参考にしてください。

>>【画像】M字ハゲが育毛剤で治ったのはコレでした

お役にたてたらシェアしてください。